契約をする前にチェック!【貸事務所を利用するときの手続き】

女性

ベンチャー企業向けの物件

成長率の高いベンチャー企業が渋谷区内で賃貸オフィスを探す時には、面積がやや広くて、設備が充実した物件を選ぶべきです。地域に密着した不動産会社は、新築ビルの募集情報も提供してくれるのが魅力であり、交渉することで割安に入居できるでしょう。

会議室

オフィスに会議室がない

名古屋には貸会議室が駅を中心にいくつもあります。会議室込みでオフィスを借りると月の家賃はかなりの金額になります。でも貸会議室なら必要な時だけ1時間単位で借りるので節約になるのです。狭い自社の会議室より広々とした貸会議室を利用すれば効率だって上がりますよ。

男女

事務所を借りてみよう

大阪で事務所を借りる際にはいろいろな選択肢があります。例えばマンスリーオフィスやマンスリーマンションを利用することもできます。とはいえ、長期でオフィスを借りたい際にはやはり賃貸事務所を利用しておくと良いでしょう。

オフィス

やはりビジネス契約が便利

賃貸法人契約を利用することでより賃料などが安くなることがあります。賃貸法人契約は都市部であればかなり利用しやすいものでもあります。とはいえ、賃貸法人契約だからといって必ずしもお得ということもありますから気をつけておきたいところです。

オフィス

新規開業の前に

貸事務所を探すには候補地の不動産業者に依頼するのがおすすめです。ただし良い物件があってもすぐに契約せず持ち帰って冷静に判断することが肝心です。最重要なのが立地です。交通の便が良く銀行や公共施設に近いところが良いでしょう。設備関係も重要です。特に電気容量や電話回線、コンセントの数をチェックしましょう。

契約書を入手し確認

男性

慌てて契約しない

新規に事業を行うとき、既に事業を行っていて事務所を移転するときなどに貸事務所との契約をするかもしれません。既に事業を行っていて移転を何度か行っているなら貸事務所を利用するときの手続きなども大体わかっているでしょう。しかし新規に事業を行うにあたって初めて貸事務所を利用するのであればあまり事情が分かっていないときもあります。賃貸住宅を利用するのと同じ感覚で契約に臨むと、後で問題が起きる時もあるので注意が必要です。貸事務所を利用するときはいくつかの物件を比較しながら選ぶときもあります。立地や間取り、賃料もポイントになります。それ以外にそれぞれのビルなどで決まりなどが設定されているときもあり、事前に行っておくことが多くなります。契約に関しては最終的に決めた物件で結ぶことになりますが、できれば検討の段階から契約書を入手したいところです。契約書にはその物件を利用するにあたってのいろいろな取り決めが書かれているからです。物件を案内されて内覧などをするときは、どちらかといえば利用しやすさなどを伝えられます。使いにくさなどはあまり言われません。利用側が積極的に聞かないと教えてもらえないときもあります。契約書には使いにくさの部分などが書かれていることもあり、事前に入手できればそれがわかります。不利な契約に関して変更してもらえるならお願いをすればいいですし、変更できないなら別の物件を検討しなくてはいけません。慌てて契約をするのは避けましょう。